クエン酸ピーリングの禁断の高濃度でニキビ跡クレーターと戦った話




前回の記事【クエン酸をアンチエイジングのために三ヶ月飲んでみたら便秘とニキビが改善した】ではアンチエイジングのためにクエン酸水を三ヶ月飲み続けたレポートをご紹介しました。

重曹、ミョウバンに次ぐ家にあると幸せになれるものランキングに入ってくるクエン酸。 ただ『酸』ってついてて掃除や…



結果は期待以上のもので、体質的に合うのであれば皆さんも思わぬ体の不調や肌の悩みが解決できるかもしれません。

今回のクエン酸第二弾の記事はそのクエン酸を飲むのではなく顔に塗りたくるピーリングの話です(語弊があるか笑)
肌に対して使うことで抵抗がある方も多いかと思うので、私が試した結果をレポートを今回ご紹介します。


スポンサーリンク
記事下

クエン酸ピーリングでにきび跡をなんとかしたい!


私は以前から肌をほったらかして皮膚本来の再生力を発揮する肌断食をしています。

肌の綺麗さは毛穴で決まる ネット上のアンケートによると人の肌を見た時に綺麗か汚いかを判断するのは「毛穴」らしい…



この肌断食の効果はかなりありました。肌が本来持っている強さを実感できますし、何よりいろいろ手入れしていた時より毛穴が小さくなったのが驚きです。

その為ピーリングは一時的な美肌ブースト効果はあっても日常的に行うのは懐疑的…まで言いませんが、少なくとも自分には合わないと考えていました。

ピーリングで皮膚常在菌がいなくなる? 今回はピーリングのお話です。 管理人は以前から角質培養や肌断食を実践してき…



しかしその肌断食においてどうしても私の望む結果でなかったこと。

それはにきび跡です。

私は思春期にそこそこニキビがあったのでそれが跡になってる部分があります。個人的にはまぁこれくらいいいか、なんて思っていたのですが、ニキビ跡を消すために並々ならぬ情熱を燃やしている方々のサイトを巡回して火がつきました。

「めっちゃピーリングしたい!」(単純)

ピーリングして肌断食で育てた最強の角質を削るのは抵抗がありますが、逆に削ったときの肌の明るさやその後の肌トラブルの出方も知りたくなってしまったのでピーリング解禁です。

ついでに体にも行って足の角質や黒ずみがどうなったのかも確認しました。

※クエン酸ピーリングしたときの肌トラブルやリスクなども後述します。


クエン酸でなぜピーリングできるのか





クエン酸とはフルーツなどに含まれるすっぱい成分で天然由来のフルーツ酸を使用したピーリングになります。

そのため文字通り酸性で皮膚を溶かします

このクエン酸ピーリングのことを

「天然由来だから安心」
「刺激が少なく安心」

とたまに見聞きしますが、皮膚が溶けるという点では他のケミカルピーリングと変わらないという意識が大切です。
肌につけるものは慎重になりすぎるくらいでちょうどいいのです。


なぜクエン酸を使うのか





私がクエン酸でいろいろ試したいと思った最大の理由は安いからです。

美や健康を追求したときに最も必要になるのは情熱とお金です。情熱はなんとかなりますが、お金は際限なく使えるわけではありません。
特に私のようなド貧乏人には高価な化粧品をフル回転させる余裕は全くないので、安さは正義なのです(あれ…涙笑)

しかし!
もしクエン酸のように激安商品で高級化粧品に負けない効果があったら。

実際、重曹やミョウバンを使い始めてからは身の回りの化粧品(治療薬や消臭の類)がなくなりました。浮いたお金を他にまわすことができて最近ビオフェルミンS錠大人買いしたのは余談です。




クエン酸ピーリングの方法


よくサイトや本に載っているやり方は簡単です。

Step1:精製水とクエン酸を濃度10%未満混ぜる。

Step2:パッチテストをする。

Step3:OKならそれをスプレーボトルに入れて顔や体にシュッシュとして五分したら洗い流す。

Ste4:その後たっぷり保湿。

補足:肌が敏感な人はクエン酸より少な目の重曹を少しずつ入れる(少し中和する目的。一気に入れると泡立ちますので注意)。
グリセリンなんかも使えますので工夫してみてください。

私は重曹を入れなくても大丈夫でした。肌につけると顔だと少しピリピリしましたが角質が溶けて綺麗になっていると思うと不思議と耐えられます笑。

顔はお風呂に浸かっている間を利用するとその後も洗い流すのが楽ですし、生え際やあご周りの流し残しもありません。

また、スプレーボトルに入れて作りおきすることに抵抗があったので、ピーリングをする時に作って使い切りました。

試した結果



まず一番実感できたのは肌が明るくなって柔らかくなったこと。

肌断食で最強の角質になった分固くなっていたのかもしれません(柔らかい方がいいのかどうかはまた別の話)。

そしてニキビ跡はうっすらしたシミのような軽度のものはだんだんと目立たなくなりました。

全体的に若々しくなった感じです。

反対にデメリットはやはり肌が敏感になり外出した際に日焼けや寒風の刺激に耐えられなかったのかニキビができました
普段より気を使って日焼け止めや保湿をしたのに。これはケアの方法にもっと良い方法があったのかもしれませんが悔しい結果です。

また毛穴の黒ずみは消えましたが、毛穴自体は広がった気がします。
一見遠目からは黒ずみがなくなり透明感が増しているので綺麗に見えますが毛穴自体のサイズは大きくなりました。

この点については女性は化粧した際にどちらが良いかを判断してもよさそうですね。

予想通りトレードオフの結果になったのという感じです。






禁断の高濃度・長時間クエン酸ピーリング



※これは私がやってみたという話で、皆さんは絶対真似しないでください!

上の方法を週一で続けてから、ある日試してみたことです。

どうしても我慢できなかった…笑

高濃度で長時間ピーリングすればニキビ跡の深いところまで溶かせて早く目立たなくできるんじゃないかと思ってしまったんですね。

では濃度はどれくらいでやったかというと…よくわかりません汗。とにかくスプーンでガボッと入れてみました。

それを顔や首、体に塗りたくり20分くらい置いたと思います。

感想は…

「とにかく痛え…!笑」

顔は少し赤みが出るわ超敏感になるわでその時は結果どうこうより早く保湿たっぷりしないと…!と思いました。

で、気になるニキビ跡ですが、、

低濃度とそんなに変わりませんでした。ウエェー

むしろ次の日に外出したら確実に肌トラブルを招きそうな状態でそれが原因のニキビでまた跡ができそうな勢いでして(休みの前日にやりました)。

やはり薬と一緒で用法用量を守って正しいやり方がよさそうです。複数回この苦行に耐えれば結果は変わるのかもしれませんが、家にこもりたい笑。

休みが一ヶ月くらい取れそうなら試してみたいところではあります。

 ニキビ跡についての管理人の考え 前回は思春期ニキビの話をしました。 今回はずばりニキビ…


IMAIMA的おすすめクエン酸ピーリング


今回クエン酸ピーリングを三ヶ月ほど続けてわかったことは、とにかく肌が明るくなって柔らかくなるでした。

しかし。それは同時に角質の防御を弱めることでもあります。ニキビのの発生率は確実に上がりました。



そこで私のお勧めのクエン酸ピーリング方法は、頻度を週一と決めずに肌が綺麗に見られたいイベントの前日~三日前にすることです。

結婚式やデートとか肌を綺麗に見せたいイベントがあると思います。ここぞ!というイベントの前だけと決めればそれ以外の期間で角質は強くなりますし無用な肌トラブルは避けられます。そしてイベントの前に美肌ブーストです。

しかもたまにやるならクエン酸ピーリングは肌のターンオーバーの促せるので、加齢とともに新陳代謝が落ちたと感じているなら特にお勧めです。



にきび跡については、普通に日々ターンオーバーを繰り返して除去できないものはクエン酸ピーリングを週一でやったとしても完全に除去することは難しく、またそのピーリングが原因のニキビが発生してしまいかねません。

深いニキビ跡は割り切って美容皮膚科に行くのが良さそうです(悔しい…すごく)。

しかし上手く使えばこれほど安くピーリングできるクエン酸はスキンケアの強い味方になります!常備必須!

スポンサーリンク
記事下
記事下

フォローする